『中央公論』2月号:「悩める高大、攻める企業 入試の外注化はなぜ進むのか?」

1/10に発売された『中央公論』2月号の特集テーマは、「徹底討論 大学入試改革」。
そちらに「悩める高大、攻める企業 入試の外注化はなぜ進むのか?」というタイトルの記事を寄稿いたしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です