三重県立看護大学 高大接続事業評価委員会の委員を務めます

三重県立看護大学は、文部科学省による平成26年度「大学教育再生加速プログラム(AP)」の、テーマIII「高大接続」に採択されるなど、高大接続において意欲的な取り組みを展開されています。

 

・「大学教育再生加速プログラム(AP)」(三重県立看護大学)

 

こうした取り組みについて、同大学は事業の効果を高めるため、2015年から高大接続事業評価委員会を設け、定期的に外部の委員による評価やアドバイスを受ける体制を構築しました。三重県教育委員会高校教育課の方、および三重県内で指導にあたっている高校教員の皆さまに加え、高大接続に関する有識者を委員に加えたいということでこの度、倉部を任命していただきました。

全国の高大接続事業に、横断的に関わる立場から、お手伝いをさせていただきたいと思います。