現在の小学1年生の65%は、将来、現在まだ存在しない職業に就く……こんな推計があります。誰にもわからない未来を生き抜くためには、進路選びではなく「進路づくり」の姿勢が必要。そんな進路づくり教育を実践しています。
進路づくり教育の実践と支援
もっと見る >
高校と大学の学びを繋ぐ「高大接続」。目的によって様々なアプローチがあります。様々な大学、高校と連携しながら、高大接続のプロジェクトを展開しています。
高大接続事業の実践と支援
もっと見る >
18歳人口が減少を始める2018年以降、このままでは大学の広報活動にかかるコストや労力は現在の数倍に膨れあがるかも知れません。負担を抑えながら、ミスマッチの少ない学生募集活動を行う新しい入試広報の実現を支援しています。
大学の広報活動支援
もっと見る >
大学、高校やNPO、企業などと一緒に、プロジェクト単位で協働しています。現在、展開している主要なプロジェクトの例をご紹介します。 随時更新中
展開中の主要なプロジェクト
もっと見る >

RSS ブログ記事より

  • 「中退・留年率公表、大学に義務化へ」 2018年3月28日
    数日前のニュースなので、SNS上などで既に多くの方が言及されていますが、重要な話題なので改めてご紹介します。 ■「中退・留年率公表、大学に義務化へ…進路状況も」(読売オンライン)  政府は大学改革の一環として、大学に義務づけている情報公開項目を見直す方針を固...
  • 教育学術新聞寄稿(下)「高大接続のフロンティアは、大学が目を向けてこなかった学校にある」 2018年3月12日
    本原稿は、『教育学術新聞』3月7日号に寄稿したコラムの内容です。編集部の許可を得て転載しております。 ↓こちらも合わせてご覧ください。 ■「教育学術新聞寄稿(上):進路指導のあり方、このままで良いのか」(大学プロデューサーズ・ノート) 高大接続を最も必要とす...
  • 教育学術新聞寄稿(上)「進路指導のあり方、このままで良いのか」 2018年3月12日
    本原稿は、『教育学術新聞』2月28日号に寄稿したコラムの内容です。編集部の許可を得て転載しております。 変わらない「出口指導」の実態が明らかに  筆者が理事を務めるNPO法人NEWVERYは2017年12月に、高校における進路指導の実態を調査・検証した白書「進路指導白書2017...
  • 9月より再びフリーランスとなりました 2017年10月3日
    すっかりブログの更新も途絶えておりましたが、久しぶりに書き込みを……。 NPO法人NEWVERYの理事および事業部ディレクターを務めておりましたが、この9月から再び個人事業主としてお仕事をすることになりました。 WCVの立ち上げ時から外部フェローとしてNEWVERYに加わり...
  • NPO法人NEWVERY・高大接続事業部ディレクター、および理事に就任しました 2016年2月1日
    この2月1日よりNPO法人NEWVERY・高大接続事業部のディレクター、 および同団体の理事として就任することとなりました。 ■【プレスリリース】高大接続事業部ディレクターに、倉部史記氏  – 西日本支部の設立と合わせて、高大接続分野での活動を全国展開する体制を強化 ...